こんにちは!k-Biz事務局です。

いよいよ来週末にせまった、k-Biz4周年記念チャレンジセミナー!

今回は第一週目、「自らも前科者の経営者が語る出所者の雇用」に登壇される

長原和宣氏をご紹介いたします!


20221029_k-BizセミナーA2ポスター



10代で暴力団員、20代で覚醒剤中毒を経験した長原さんは、

壮絶な依存症を乗り越えて更生し、現在は自ら配送業の会社を経営しています。


これまでの体験の中で、

前科者の社会復帰、再犯防止には、就職が大きな一歩となることを痛感しながらも、

その壁の厚さ、働き続けることの難しさも実感。


それでも一人でも多くの社会復帰を支援するため、

ご自身の会社でも前科者を積極的に雇用し、再び犯罪に手を染めないよう、その生活を支えています。

2021年4月には、日本財団の職親プロジェクト・北海道支部の支部長に就任。

前科者雇用の社会的意義やメリットについて、実体験を踏まえた講演を各地で実施しています。


実際、出所者を雇用した企業からは、人材不足の解消に繋がったとの声も挙がっています。

人材不足に悩む企業には、協力雇用主となって出所者を雇用するのも一つの選択肢。


今回は、実際に多くの出所者を雇用してきた長原さんが登壇されますので、

出所者雇用の現場の感触を知りたい、という方もぜひ、今回のセミナーをご活用ください!


k-Biz開設4周年記念チャレンジセミナー
「自らも前科者の経営者が語る 出所者の雇用」

・日時  :10/29(土)13:00~14:30
・場所  :釧路市生涯学習センターまなぼっと幣舞703
・登壇者 :株式会社ドリームジャパン 長原和宣氏
・開催方法:会場20名(先着)+オンライン配信
・参加費 :無料



また、長原さんへの取材を元に書かれた3冊目の本が10/22に発売!

「社会復帰は誰と出会うかで決まる 心の独りぼっちをつくらせない」






こちらもご覧ください!